鍵山 秀三郎


オーディオセミナー
「鍵山哲学を探る〜凡事徹底の経営〜」
鍵山 秀三郎.jpg
(株)イエローハット取締役相談役  鍵山 秀三郎 氏
<インタビュアー>作家 神渡 良平 氏

鍵山氏の経営哲学とは?そしてお二人の人生観とは?
神渡氏の卓越した力量のある問いかけで鍵山氏の深いお考えが引き出されています。

第1巻 掃除に学ぶ
・人間は見たものと同じ状況になる
・心のすさみが諸悪の根元
・いい社風をつくることが社長の一大使命
・「一隅を照らす」という思想
・大きな努力で小さな成果、それを早く知る
・「私が選んだ掃除、掃除が待っていた私」

第2巻 良い社風を作る
・工夫と努力でマイナスをプラスにする
・自分の手でできることからやっていく
・結果主義だと社員の心が荒れる
・「凡事徹底」とは?
・豊かな暮らしとは丁寧に暮らすこと
・社員は社風に従って仕事をする

第3巻 下坐に生きる
・母の涙が気づかせてくれた
・「10年偉大なり、20年畏るべし、30年歴史なる。50年神のごとし」
・一番苦しいときに、一番大切なことに気づかされる
・どうにもならないときに本当の目が開く
・誰にでも天からのメッセージを伝える方法がある

2004年1月発売
収録時間:各巻 60分
詳しくはこちらから⇒⇒⇒

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。